英語とTOEICについて

英語 どんとこい英会話、英語力を鍛えるためのコツ

プロフィール

英会話

どんとこい英会話!

英語力を鍛えるためのコツはこちらです

似顔絵はこちらで作りました→似顔絵イラストメーカー

最後の英語

「英語学習には何度となく挫折してきました。

ラストチャレンジだと思って参加した甲斐がありました。

自分では思いつかない学習法に興奮しています。」

(H・Uさん 女性 文部科学省勤務)

●もう2度と英語学習に無駄な投資をしたくない方へ

サンプル動画が無料閲覧できます ⇒ DVD版「最後の英語」






Sponsored Link

英語とTOEICについて

英語とTOEICについてですが、これはコミュニケーション能力を判断するための、世界共通のテストのことです。

英語のテストというと色々とありますがTOEICの特徴としては、次のようなものがあります。

  • TOEICはスコアで決まります
  • 10点から990点までの点数をスコアでもらいます
  • どれくらいの英語力があるのかを把握することができる

このテストは、世界共通で日本を含む60カ国で行われています。


世界共通ということは、レベルが世界レベルで考えられている英語のテストということになります。

TOEICの英語のテストというのは、英語を訳すとか英語にするといった知識の技術のテストではありません。


身近な日常生活を内容にしているものからビジネス英語まで、どれくらい英語で日々コミュニケーションが取れるのかということを判断されます。

TOEICの英語の試験はリスニングが100問あり、45分間でテストが行われ、そのまま続きでリーディングが100問75分間あります。


トータルして2時間のTOEICの試験が行われています。

回答方法は、マークシート方式で全国一斉の試験になっています。

全国の会場で行われ、年に8回行われています。


何度も受けることが出来ますし、スコアがどれくらい上がったのか試験を受けるたびに楽しみだという人も多いのではないでしょうか。

就職や入学の際にも有利だといわれているTOEICですが、就職の際にはたとえばTOEIC800点以上といったような形で採用条件が決められています。


英語力を証明するためにスコアの点数が必要になってきますから、そのことを覚えておいて、自分が希望している目的はスコアが何点以上あればいいのか確認したうえで勉強を進めていくといいのではないでしょうか。

スコアの点数によって、就職の優遇や受験の優遇というのも変わってきます。




無料!「英文・英単語がたった10秒であきれるほど覚えられる方法」
英語を話したい方、TOEIC650点以上取りたい方に。たった10秒の訓練で
英文・英単語をザクザク覚えられる方法があります。先着100名様無料です。
今すぐクリック⇒ 特集ページ


| 英語、TOEIC
ブクマやRSSリーダへの登録もお願いします ⇒ 
Sponsored Link
-->
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。