自分に合った英語学習

英語 どんとこい英会話、英語力を鍛えるためのコツ

プロフィール

英会話

どんとこい英会話!

英語力を鍛えるためのコツはこちらです

似顔絵はこちらで作りました→似顔絵イラストメーカー

最後の英語

「英語学習には何度となく挫折してきました。

ラストチャレンジだと思って参加した甲斐がありました。

自分では思いつかない学習法に興奮しています。」

(H・Uさん 女性 文部科学省勤務)

●もう2度と英語学習に無駄な投資をしたくない方へ

サンプル動画が無料閲覧できます ⇒ DVD版「最後の英語」






Sponsored Link

自分に合った英語学習

自分に合った英語学習というのを考えてみましょう。

成功の秘訣といわれている方法は、いかに英語学習に負荷をかけて毎日学習するのかということなんです。


英語学習の量を増やせば英語力はアップしていきますが、突然英語学習の量を増やすと、やる気がなくなりますし、体調も崩してしまうかもしれません。

ということは、少しずつ英語学習の負荷を増やしていき、少しずつレベルアップが出来ればいいと思います。


スポーツにたとえてみると、スポーツ選手が無理をしてトレーニングをしたせいで、怪我をして試合に出れなくなったということがあるといわれています。

英語学習もこれとよく似ているのです。


突然、英語の学習量を増やせば英語の勉強が嫌になって英語の学習を続け卓無くなってしまうかも知れません。

では、英語の学習を長く続けようと思えばどうすればいいのでしょうか。


学習量をいきなり増やすと、英語の学習自体が嫌になってしまいますから、少しずつ増やしていくようにすればいいのです。

少しずつ量を増やしていって、こなしていければまた少しずつ増やす。


この方法で英語の学習をしていくと、自分にぴったりと合ったペースで無理のない英語学習を身につけることが出来ると思います。

英語教材を選ぶとき、もしも選んだ英語教材が自分にとってはスラスラとわかってしまって簡単だったと思う人もいると思います。


そんなときには、迷わず英語教材を変えることをお勧めします。

簡単な英語教材をいつまでも使っていても、英語力をアップさせることはできません。


英語教材を選ぶ際には、少し難しいかなと思うくらいの教材を選ぶのがちょうどいいといわれています。

少し難しいくらいで、一生懸命勉強しながらクリアしていくということが一番なのです。


英語教材を選ぶ際も、英語の学習量を決める際も、とにかく自分に合った方法で選ぶというのが一番です。

継続できる量、継続できる難易度、それが一番大切なことです。


最初から量を増やし過ぎてもいけませんし、最初から難易度を難しくしてもいけません。

よく考えたうえで、適度な負荷のかかっている英語学習を続けるということが、一番英語が身によくつく方法だといえるのではないでしょうか。


無理は禁物ですし、自分の進められる量で英語学習をするのが一番の方法ですよ。




↓お奨め教材3選↓


医師が教える科学的英語勉強法講義


英語ぺらぺら君


エンジニアの為の英語即戦力プログラム


| 英語、学習
ブクマやRSSリーダへの登録もお願いします ⇒ 
Sponsored Link
-->
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。